プリザーブドフラワーを作って作品作りを楽しむ!

7月 7th, 2015 by twadmin

直接お店に足を運んでお花を購入している人もいるみたいですが、最近では通販サイトでも購入できるようになっています。
本来でしたら直接お店にて実物を確認した方が良いのだけれども、時間が取れない人も多いみたいですし、通販の方が自分のペースで好きな時に見る事が出来るため人気となっています。
しかし、お店を覗いてみても自分好みのプリザーブドフラワーを見つけられなかったり、在庫がなくなってしまっている場合は購入したくても購入することが出来ませんよね。
そこで近年では自分でプリザーブドフラワーを作っている人も多くなり、作品展が開かれるまでとなりました。
最初から作ることが難しいと考えている人でも花材が売られていますから、花材を購入して陶器など飾る入れ物を探し飾るだけで簡単にプリザーブドフラワーを作ることが出来ますので、初心者にも優しいです。


●プリザーブドフラワーを作って写真に収める

自宅に飾るためのお花や友人や親戚などに贈るものとして作る場合でも、必ず写真を撮っておくと良いでしょう。
プリザーブドフラワーを作るとなればそれは立派な作品ですし、写真に残しておけば同じものを作りたい時に助かります。
また、同じものを誰かに贈ったりしてしまわぬように気を付けることも出来てとても役に立ちますから、オススメです。
作品集として保管することも出来ますし、自分でプリザーブドフラワーを作っていることをブログに掲載することで自分では気付かなかったことをアドバイスしてもらえることもあります。
また、自分の作品を参考にしてもらう事も出来ますし、同じくプリザーブドフラワーを好きな人とコンタクトを取れるようにしておけば、新しい友人を増やすきっかけにもなります。


●子供と一緒に作ってみる

自分一人で集中して作るのも楽しくて良い事ですが、子供を抱えている人は子供と一緒に作ってみるのも楽しいです。
花材を購入しておけば面倒な工程を省くことが出来ますし危ない事もないので、子供でも簡単に楽しくプリザーブドフラワーを作ることが出来て良い時間を過ごせるはずです。
子供の視点から作ったプリザーブドフラワーは自分が作るモノとは全く違うものでしょうから、創作意欲もわいてくるのではないでしょうか。
敬老の日や誕生日にプリザーブドフラワーを自分達で作って贈ってあげるというのもまた、特別な感じが伝わってきて良いモノですね。
プリザーブドフラワーは枯れにくく長く保つことのできるお花ですから、たくさん作ればガーデニングのようにして楽しめますし、少しずつ増やして室内を明るくしたりすることも出来ます。
飾り方は自由ですので色々試して楽しんでみてはいかがでしょうか?