ちょっとしたプリザーブドフラワーのテクニック

8月 28th, 2014 by twadmin

一番美しい時を長持ちさせるのがプリザーブドフラワーです。
しかしプリザーブドフラワーを作っていると、どうしても葉が丸まってしまったりといった形状になってしまうことがあります。
特に大判のプリザーブドリーフを作ったときに、うまく形状を整えられないといった問題が起きがち。
それでも捨てるのはもったいない。
そういったときに保管方法を覚えておくと、使うことが出来るようにすることができます。


<丸まったプリザーブドフラワーやプリザーブドリーフの戻し方>

プリザーブドフラワで型くずれしてしまったときにも、そのまま捨てるのはもったいない。
アクセントにも使えるように花びらだけを保管したりする人は多いでしょう。
またリーフ類も大きければさらに丸まってしまいがちです。
雑誌にはさんでおくと、ある程度の時間でフラットになります。
しかし挟んでいたことすら忘れてしまって、挙句の果てに廃品回収で出してしまうことも考えられます。
大きな葉(花びら)の間に小さな葉(花びら)をはさんで重ね、クリップのように葉幅の2センチほど長い枝で挟み、枝の両端を輪ゴムで止めます。
2箇所で挟むとさらにフラットになり、数日で形は整います。
かわいい箱などで保管すると、オブジェとしても使えます。

イベントにはプリザーブドフラワーが便利

5月 30th, 2014 by twadmin

イベントなんかでは、普通のお花よりもプリザーブドフラワーの方が向いています。これは、どうしてなのかというと、普通の花ですとどうしてもすぐに劣化してしまいます。しかし、プリザーブドフラワーは加工工程に乾燥や着色料を漬け込んでいますので長期的に花の形を維持することができるのです。イベントではしっかりとした形を残して参加者にしっかりとした形を見せてくれるのです。


<生花並みにしっかりとした形を保てる>

しかし、普通の生花と比べるとやはり、どこか人工的な雰囲気はただよってこないのでしょうか?そんなことはありません。プリザーブドフラワーは生きた花と比べてもそん色のない形を残すことができます。そんな心配は不要なのです。生きた花と同様な綺麗な状態を保つことができますから、躊躇なくイベントでも利用することができるでしょう。


<保存環境が整っていれば形を崩さない>

保存環境が整っていれば形を崩さないので、長期的な利用もすることができます。特に保存環境では湿気などが一番プリザーブドフラワーの敵となるので季節や保存場所に気を付けて保存しておけば大丈夫です。普通の花よりも形を長く保てますのでこのように、イベントに最も適した花と言えるでしょう。

自分でプリザーブドフラワーを作るときのポイント

5月 1st, 2014 by twadmin

プリザーブドフラワーは自分で作ることのできる作成キットなどの販売も行われています。食品サンプルを作ることができるキットなど、ちょっとやってみたい、と思う手作りキットはどんどん増えているそうです。そこでプリザーブドフラワーアレンジメントのコツをご紹介します。


●プリザーブドフラワーは根元と立体感

生け花などでも言われることなのだそうですが、お花の足元、活けている下の部分がすかすかになってしまうとさみしい印象があるそうです。プリザーブドフラワーも同じで、花器にアレンジメントを行う場合には、さしている部分が丸見えだと見栄えも悪くなってしまいます。お花を少し深く刺す、手前に倒すなどの工夫をして、花器の足元が丸見えにならないようにアレンジをしてみましょう。


●正面だけでなく、360度からチェック

プリザーブドフラワーは正面だけでなく、後ろから見たシルエットなども確認しながらアレンジメントを行うといいそうです。お花は三次元のアレンジメントとなるので、横から見るとお花がない、後ろから見るとボリュームのないアレンジは飾ったときに味気無さが出てしまうこともあります。もちろん、正面を決めておくことも大切ですが、他の角度から見たときの立体感も大切にするといいそうです。

貰った生花をプリザーブドフラワーにできる

4月 9th, 2014 by twadmin

卒業式や結婚式などいろんなシーンで花束をもらう場面があると思います。もらったときの感動はいつまでも忘れない思い出として残っているものですが、生花の花束は時間がたつと色あせて枯れてしまいます。その花束を枯れる前にドライフラワーするのもまた生花とは違った花の楽しみ方をすることが出来るのですが、やはり思い出とともにその花の美しさも残しておきたいと思うとプリザーブドフラワーにしていただくのが一番です。


<花は特別なものなんです>

花をもらって喜ばない女性は少ないと思います。花というのは特別な日にもらうイメージがありますので、その花をできれば大切に置いておきたいと思われる方もいるでしょう。ですが花の鮮度は時間や温度も関係しており、もらって家に帰るころには花の色が変わっていたり花びらにシワがよってしまったりします。ドライフラワーという楽しみ方もありますが色と質感は別の物になってしまいます。


<生花をプリザーブドフラワーに出来るんです>

花束をもらったときは嬉しいのですが、「せっかく貰ったのにどうしよう」と思われる方も多いはず。その花束が大切な人から貰ったものならなおさらです。その大切な思い出と花束をそのままの状態にしておくために生花をプリザーブドフラワーに加工してもらうことができます。

プリザーブドフラワーの作製と資格について

3月 24th, 2014 by twadmin

プリザーブドフラワーが好きでお店を持ちたいとか、教室を開きたいと思う人もいます。その時に各協会で行っている資格取得が気になります。しかし資格とお店や教室を開く事は直接関係していない面があり、十分な検討が必要です。


●お店や教室を開く時に大切な事

ブリザーブドフラワーでお店や教室を開くのは資格がなくても可能です。しかし基本的な技術や商品を作成するセンスが必要です。商品を売るのであればそれに見合った完成度が求められますし、ネットショップで有れば運営の知識が必要です。他の国家資格と違い、資格で仕事をするのは難しい様です。逆に資格を売りにして実力が伴っていなければ、信頼を得られないでしょう。技術力で認めてもらうことが大切な世界だと思います。


●資格取得の方法について

プリザーブドフラワーに関する資格は、日本プリザーブド協会や日本フラワーデザイナー協会など色々あります。その協会に入り講義やスクールなどである程度のレベルになれば、資格や認定書を発行してくれます。更に費用をかけて上のコースを狙い勉強することも可能です。しかし協会独自の資格であり、資格だけでお金は得られませんが、スキルアップにはなります。本当に何が大切か又、必要なのかを考えて行動することが重要だと思います。

ブリザーブドフラワー使用時に注意したい事

2月 19th, 2014 by twadmin

可愛らしいアレンジも行えるブリザードフラワーですが、組み合わせや保存方法に注意手していただきたい点がいくつかあります。いつまでもキレイなままで保つためにはどんな事に気を使えばいいのでしょうか?


●守ってもらいたい保存方法

生花を加工して作るブリザードフラワーは、季節によって花の大きさや色に多少の違いがあるのですが長持ちさせるための保存方法は同じです。生花に比べブリザードフラワーはとてもデリケートですから、可愛いからと言って何度も触ったりしていると花びらが切れてしまう事があるので出来れば眺めるだけにしてください。また、水を嫌う作りになっているので水で濡らしてしまうと色が落ちたり染料が漏れたりする事がありますから注意していただきたいと思います。


●色移りしない為に

染料で染めているブリザードフラワーは、濃い色の花の側に色の薄い花を置いていると薄い色の花の方に濃い色の花の色が移ってしまう事があります。白い壁にくっつけて置いていても、壁に色が移ってしまう事がありますので注意していただきたいです。いつまでもきれいなブリザードフラワーを楽しむ為には、あまり湿度を高くせず花の配置に気を配る事がとても大切なのです。色移りはブリザードフラワーに限った事ではありませんが見た目を保つために大切な注意点です。

プリザーブドフラワーを学べる教室がある

2月 6th, 2014 by twadmin

最近になって知られるようになってきたプリザーブドフラワーですが、今ではそれを習える教室があるのをご存知でしたでしょうか?
プリザーブドフラワーについて習えるのはなんだか不思議な感じがしますね!
コースや講座がきちんと設けられていますので、ご自分に合ったものを選ばれるのが良いかと思います。
教室に通ってプリザーブドフラワーについて習い続けていけば、ご自分だけのお花を作ることもできて嬉しいですよね!


●プリザーブドフラワーを極めてみましょう!

ご自分でプリザーブドフラワーを作れるようになったら、誰かに贈る際などにもとても良いのではないかと思います。
お花屋さんで購入されるのも良いと思いますが、やっぱり手作りのものがもらった方もきっと喜ばれるかと思いますから!
何より、ご自分で作るのでセンスも問われて良い刺激にもなるかと思うのですが、皆さんはどう思いますでしょうか?
お相手のお好きなカラーのバスケットを作ったりもできますので、非常におすすめです!


●失敗したって大丈夫!

最初は手馴れていないので失敗してしまう事もあるかと思いますが、だからといって落ち込む必要はないと思いますよ。
その失敗はきっと次の作品に活かすことが出来るかと思いますし、ここで失敗してしまったから今度はこうしてみようといった創作意欲も出てくるのではないかと思います。
ですので、失敗を恐れずに挑戦してみましょう!

プリザーブドフラワーを作ってみましょう!

2月 5th, 2014 by twadmin

今人気になっているプリザーブドフラワーですが、ご自分で作ることが出来るのをご存知でしょうか?
その際に準備するものがいくつかありますが、比較的に難しいことが無いのでご自宅でプリザーブドフラワーを作ることが出来るみたいです!
その方法に関してはネットなどにも多々掲載されていますのでそちらを参考にされるのが良いかと思います!


自分だけのプリザーブドフラワーを作ろう!

もちろん、お店で購入されるのでも構わないのですが自分だけのプリザーブドフラワーを作ることが出来たら楽しくて良いかと思いませんか?
好きなお花で好きな色に着色をして・・・といった工程を楽しむのも良いかと思います。
自分だけのお花を作ってお部屋に飾ったら雰囲気も変わりますし友人などにも少し自慢出来たりしますよね。
このお花私が作ったの!といったらきっと皆さんも興味を持たれるかと思います!


注意点があります!

プリザーブドフラワーはお水を与えてはいけないことになっていますので、決してお水を与えないようにして下さればと思います。
また、とてもデリケートなものですので雑には扱わないで丁寧に扱うようにしていただければと思います!
生花と同じように取り扱っていただくと美しさを保つことが出来ます!

プリザーブドフラワーは贈り物に最適!

2月 5th, 2014 by twadmin

今人気になっているプリザーブドフラワーですが、皆さんは購入されたことがありますでしょうか?
もちろん、ご自宅に飾るのでも良いのですが贈り物として人気があるみたいですよ。
やはり永年保つことのできるお花ですから贈り物として贈られる方が増えているのかもしれませんね。
生花では人によって育てるのに慣れていない方もいらっしゃいますが、このプリザーブドフラワーでしたらそういった心配もありませんのでお勧めです!


プリザーブドフラワーのリースも人気!

普通のバスケットなどに入れられたお花も非常にキレイで魅力的ではありますが、今ではケーキリースといったものもあるみたいで、そちらも人気があるのだそうです。
フラワーケーキでしたらボリュームもありますし小さめでもしっかりと存在感を出してくれていますのでとても良いかと思います!
お誕生や何かのお祝いの時にも喜ばれるかと思いますよ!


男性に贈ることもできます!

プリザーブドフラワーだけではなくお花はやはり女性に贈るイメージが強いかと思いますが、男性に贈ることも多くなってきているみたいですよ。
今では男性に贈るようなお花も用意されているそうですので、ぜひ一度どのようなものがあるのか覗いてみるのはどうでしょうか?

プリザーブドフラワーでイメージチェンジ!

2月 5th, 2014 by twadmin

皆さんの中には模様替えをしたいけれど何か物足りない、何かアクセントになるものがあったらいいなと考えている方がいるのではないのでしょうか?
部屋の中に何か目立つものがあったら変わるかもしれない・・・そんな時にお勧めなのがプリザーブドフラワーです。
色々な色がありますから、そのお部屋に合ったお花を選ぶことが出来て良いかと思います!


プリザーブドフラワーは雰囲気作りにも良い!

プリザーブドフラワーは本当にカラーバリエーションが豊富ですので、珍しい色のお花も取り扱っています。
そんな珍しいプリザーブドフラワーをご家庭に飾ったらきっと雰囲気が変わるかと思いますし友人などもプレゼントとして贈るのも非常にお勧めです!
その際はネットなどで調べてみて下さればと思います!


取り扱いには注意して下さい!

まず一番気を付けていただきたいことは、決してお水を与えてはいけないという事です。
これだけは必ず守るようにして下さればと思います。
他にも雑に扱ったりせず、生花と同じよう丁寧に扱うようにしていただければと思います。
非常にデリケートですので、大切に保存する様心がけてもらえると良いかと思います!
大事に保存することで愛着もわきますし、いつまでも綺麗にとっておきたいですものね。

プリザーブドフラワーでサプライズプレゼント

2月 5th, 2014 by twadmin

プリザーブドフラワーという名前を知っている人は、意外と少ないのではないでしょうか?狭い世界の話ですが、職場の女性陣20人ほどに聞いてみたところ、「うっすら知っている」という子が5人で、残りの14人は「何それ?」という状態でした。
「枯れないお花のことでしょ?」と正解したのは1人だけでした。


プリザーブドフラワーの知名度が上昇中の今こそチャンス

全く知られていないわけではないけれど、誰もが知っているようなありふれたものでもないという今この時こそサプライズプレゼントにはもってこいなのです。
「噂には聞いたことあったけど、見たことなかった!」「何それ!初耳!」というようなリアクションがもらえること間違いなしです。
ましてや、プレゼントといえばお花というイメージを持っている人も少なくなってきている今は本当に絶好のタイミングなのです。


定番のようで最先端

とは言っても、場面によってはお花が定番という時もあるでしょう。しかしプリザーブドフラワーなら定番のようで実はちょっと一工夫してあるという演出が可能です。
何より、普通のお花では、贈られた先のお家に花瓶が必ずあるとは限らないので、迷惑にならない範囲を考えなくてはいけませんが、プリザーブドフラワーはそんな心配も不要ですし、水を取り換える手間などもかけなくて済むので贈りやすさも抜群です。

プリザーブドフラワーってどんなものなのか知りたい!

2月 5th, 2014 by twadmin

今はお花屋さんで多くのお花が売られていますが、皆さんはプリザーブドフラワー
というものをご存知でしょうか?
プリザーブドフラワーとは、最新の保存加工技術、つまり人体には無害である有機溶剤にて脱水・脱色したのち保存液を用いて水分とし染色後乾燥することによりお花の色合いや形・柔らかさを永年保つことのできる新しいお花です。


プリザーブドフラワーの用途は?

プリザーブドフラワーは贈り物として活用されることが多くなってきているようです。
お誕生日に贈ったり他のお祝いやお見舞いなどで購入されているのだそうですよ。
永年保つことが出来ますので、安心して家や職場に飾ることもできてとても良いかと思います。
また、ブライダルブーケとしても人気が集まっているみたいです!


初心者の方にもおすすめ!

本来のお花もとてもきれいですがなかなかうまく育てることの出来ない方も中にはいらっしゃるかと思います。
お花って育てることが難しくそのきれいなまま保つのも容易ではありませんからすぐに枯らしてしまう、という声も多いかと思います。
ですが、プリザーブドフラワーでしたらそういった心配もありませんので初心者の方にも良いかと思います!